TI ホーム > ニュースリリース

ニュースリリース

日本TI、センシング・アプリケーション向けに、 設定可能なシグナル・チェーンを統合した 新型『MSP430』マイコン製品を発表

バリューライン・マイコン製品ポートフォリオを拡張、 最大105℃の動作温度と統合アナログ回路の追加によって 産業用システムの要件に適合

2018年06月07日

SCJ-18-014                                                                                               
2018年6月7日

日本テキサス・インスツルメンツは、『MSP430™』バリューライン・マイコン製品ポートフォリオに、シグナル・チェーンの各構成要素を統合し、動作温度範囲を拡張した新型マイコン製品を追加したと発表しました。新製品『MSP430FR2355』FRAMマイコン製品は、煙感知器、センサ・トランスミッタやサーキット・ブレーカなどのアプリケーションにおいて、センシングや計測の厳しい温度要件に対応しながら、プリント基板の実装面積の縮小と、BOM(原材料)コストの削減を可能にします。『MSP430FR2355』マイコン製品の詳細に関しては、http://www.tij.co.jp/MSP430FR2355-pr-jpをご覧ください。


MSP430FR2355』マイコン製品の特長と利点

  • シグナル・チェーンの設定が容易:『MSP430FR2355』マイコン製品は、1個の12ビットA/Dコンバータや2本のエンハンスド・コンパレータに加えて、複数の12ビットD/Aコンバータとプログラマブル・ゲイン・アンプなどのオプションを含む、複数のスマート・アナログ回路を統合
  • 拡張温度範囲:『MSP430FR2355』マイコン製品は、FRAMによるデータ・ロギング機能を活用しながら、最大105℃の動作温度を必要とするアプリケーションで使用可能
  • MSP430 バリューライン・マイコン製品ポートフォリオのスケーラビリティを提供:『MSP430FR2355』マイコン製品は、既存の『MSP430』バリューラインFRAMマイコン製品ファミリに最大32kBのメモリと最大24MHzのCPUのオプションを提供、コスト重視のアプリケーションで、最適なメモリ容量と処理速度のオプションを選択可能。最大256KBのメモリ、より高い性能や、より多くのアナログ・ペリフェラルが必要なアプリケーション向けには、幅広い『MSP430』FRAMマイコン製品ポートフォリオへのスケーリングが可能

価格と供給について
『MSP430FR2355』マイコン製品の迅速な評価が可能なLaunchPad™ 開発キット(『MSP-EXP430FR2355』) は、TI storeから12.99 ドルで供給中です。『MSP430FR2355』 マイコン製品のサンプルもTI storeから供給中です。

幅広いスケーラビリティを提供する『MSP430』マイコン製品ポートフォリオに関する情報

※MSP430 および LaunchPadは、Texas Instruments Incorporatedの商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。


rss